消化器内科の診療内容

病院

食生活の欧米化の影響で、大腸の病気になる日本人が増えています。大腸の病気には潰瘍性大腸炎や大腸がんなどがあり、大腸がんは日本人に最も多いがんになっています。潰瘍性大腸炎は消化器内科で治療することができ、消化器内科でがん検診を受けると、大腸がんを早期発見することができます。潰瘍性大腸炎や大腸がんは40代になると急増するため、消化器内科は40代以上の人からの人気を集めています。消化器内科は内視鏡を使った精密検査や治療ができることでも人気があります。内視鏡を使用することによって、開腹手術をせずに大腸の病気を治療することができます。消化器内科の医師は消化器系の病気の専門医であり、専門医による治療が受けられることも消化器内科の人気が高い理由です。

胃や腸の具合が悪い時には、消化器内科で診察を受けると消化器の専門医に適切な治療をしてもらえます。お腹が痛くなったり下痢が続くような時には、消化器内科で治療を受けることをお勧めします。下痢が続いて血便が出る症状は潰瘍性大腸炎である可能性があるので、できるだけ早く消化器内科で診察を受けることが必要です。消化器内科では大腸内視鏡検査や注腸造影検査などの精密検査を受けることができ、病気を特定することができます。潰瘍性大腸炎の治療法はペンタサやステロイド剤などによる薬物治療が中心になり、重症の場合は外科手術で治療をします。消化器内科では外科手術は行われていないので、外科手術が必要な時には消化器外科の病院を紹介してもらえます。